1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ゴーヤツリーが太陽の日差しを浴びて育っています

BLOG

ブログ

未分類

ゴーヤツリーが太陽の日差しを浴びて育っています

7月19日(木)、今日は6月4日の社協ブログで紹介した「ゴーヤツリー」のその後を紹介します。

6月4日の社協ブログでは、ゴーヤの葉っぱが下の方に巻きつき始めた状態でしたが、夏の日差しを浴びて、すくすくと育っています。

6月4日の時点の「ゴーヤツリー」です。まだほとんど育っていませんね。

今日撮影した「ゴーヤツリー」です。天井まで蔓(つる)が伸び、ゴーヤの葉っぱも大きくなっていますね。

ゴーヤの実も成長し、収穫も間もなくできそうです。こちらの成長が一番の楽しみですかね(笑)。

ゴーヤツリーの隣で、ひまわりも育てています。変わった品種で、背丈は短いのですが、大輪の花が咲いています。

老人福祉センターへお越しの際は、ぜひ一度「ゴーヤツリー」と「ひまわり」をご鑑賞くださいね。

 

今日の午後の業務は、「ボランティア相談員会議」と「江南市社協ホームヘルパー合同研修会」に参加しました。

 

「ボランティア相談員会議」は毎月1回の定例会議行っています。

江南市社協はボランティア相談を毎週土曜日と第2・4月曜日に相談日を設けていて、実際にボランティア活動をしている方々が「ボランティア相談員」としてボランティアをしたい、ボランティアに来てほしいといった相談に乗っています。

ボランティア相談員会議では、ボランティア相談ケースを報告し、ボランティア相談員さんと事務局職員で共有したり、次月のボランティア相談日の担当日を決めたり、ボランティア相談体制のあり方について話し合いを行っています。

今日の余談です。ボランティア相談員さんが、アイスコーヒーを持参して振舞ってくださいました。冷たくておいしかったです。そして、お菓子の差し入れとして、ミクロネシアに旅行に行かれたとのことでお土産の「ドライフルーツ」をいただきました。バナナやパンの実といったもので、食べ始めたら止まらないほど、パリパリしておいしかったです。ドライフルーツの食感や味の話題で盛り上がっていたら、「戦後の食生活」の話になり、「昔はご飯にきな粉と砂糖をかけて食べたわ」と。私には想像がつきませんでしたが、人生の先輩方からいろいろなことを教えていただきました。

 

ボランティア相談員会議が終わったら、駆け足で「江南市社協ホームヘルパー合同研修会」に参加しました。

研修は、局長から「法令遵守について」、私から「ホームヘルパー業務における労働災害について」、ホームヘルパー主任から「訪問介護サービス区分の確認について」といった内容でした。

局長から「法令遵守について」、作成した資料に基づきお話をしました。介護サービス事業者として、法令遵守の業務管理体制の整備や法令遵守マニュアルの中での基本姿勢や基本原則を説明し、理解を深めました。

私からは、「ホームヘルパー業務における労働災害について」を説明しました。利用者宅での業務災害(けがをした場合等)が起きた場合の対応方法や、報告の必要性、労災保険の適用について、理解をしていただきました。

ホームヘルパー主任からは「訪問介護サービス区分の確認について」説明があり、理解を深めました。業務の関係で一斉に研修を実施することができないため、先週の12日(木)にも研修を開催し、今日の2日間で、ヘルパー全員が研修を受けることができました。

 

日頃、ヘルパーの方々にお話する機会がないのですが、利用者宅で労働災害事故が起きる可能性はもちろん、労働災害防止の観点から「腰痛対策」のお話もさせていただきました。身体あっての業務なので、日頃からの自己管理もお願いしました。

「福祉現場」は、福祉の支援を必要としている方の自立を支援していくために、他職種の方が働いています。今現在も福祉現場の「人材確保・育成」が大きな課題となっています。このような研修を積み重ねていくことが大事であると、実感した1日でした。(M.I)