1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ろう者の方と布袋北小学校「ふくし交流会」の打合せしました

BLOG

ブログ

未分類

ろう者の方と布袋北小学校「ふくし交流会」の打合せしました

8月7日(火)は、2つの会議に参加しました。

午後は地域包括支援センターが主管する「江南市地域包括支援ネットワーク会議」が市民文化会館で開催され、江南市社協は事務局として参加しました。

11月に江南市高齢者生きがい課の主催による「認知症徘徊者捜索訓練」に向けた打ち合わせも順調に進み、昨年度開催した経験が活かされています。

今日の会議には、民生委員、介護相談員、ケアマネくらぶ、江南認知症家族会、シルバーハウジング相談員、保健センター、江南保健所、地域包括支援センター、江南市高齢者生きがい課、社協が参加し、協議を行いました。今日は認知症徘徊者捜索訓練の協力店や応援店への呼びかけ依頼の割り振り等を行いました。

会議のとある場面のこと。先月、事務局会議で伝説のダジャレを言い放ったOさん。

今日は進行役でしたが、とある委員の方より「今日休んでいる委員は△△のお店の人と同級生だから、呼びかけ依頼は大丈夫」と発言。Oさんは「救急車!?救急車!?」と確認発言。少し考えながら「あ、同級生ですね。」と発言を訂正。私の隣の方がさりげなく「真ん中の急(きゅう)しか合ってないじゃん」と大笑い。私も聞き間違いのすごさに、もらい笑いしてしまいました(笑)。

 

夜は、ろう者(聴覚障がい者)・手話通訳者の方々と、布袋北小学校の5年生との「ふくし交流会」の打ち合わせを行いました。

1学期から行っている「ふくし交流会」を2学期はどんなプログラムとして行っていくかを話し合いました。

話し合いはろう者の方々4名、手話通訳者4名、社協職員2名が参加しました。会議がスムーズにいくように、順序立てて説明をしているのですが、中途半端な説明をすると意図が伝わりません。コミュニケーションの難しさをいつも感じますね。

2学期は楽しく交流しながら、進めていきますが、振り返り(リフレクション)の仕掛けをどのように行っていくか、社協の考えをお話しました。仕掛けの内容は、いつかお話できるときにしますね。

 

明日から2日間、全国社会福祉協議会が主催の「全国福祉教育セミナー」へ参加してきます。貴重な研修に参加させていただくので、江南市で活かされる学びを深めたいと思います。

インターネットができる環境があれば社協ブログを更新しますが、無理なら2日遅れの更新になるかもしれません。でも東京で迷子にならないか、その心配の方が大きいですね(笑)。(M.I)