1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 会議、会議、会議の1日でした

BLOG

ブログ

未分類

会議、会議、会議の1日でした

8月21日(火)、今日は3つの会議の開催・参加をしました。

午前中は、布袋北小学校を訪問し、5年生が2学期に行う「ふくし交流会」の打合せを先生方と行いました。

今日は障がいのある講師役の方々と打合せした結果を先生方に報告し、概ねの実施プログラムについて形ができました。今後は再度講師役の方々と再調整し、企画書の作成をし、実施に向けた準備をしていきます。先生方の授業に取り組む姿勢や考え方に、こちらは学ぶことが本当に多いです。実習生も打合せに参加し、打合せの感想を発表してもらいました。

午後からは、門弟山小学校の福祉教育プログラムの打合せとして、門弟山小学校区の老人クラブの会長さんにお集まりいただきました。

門弟山小学校1年生が老人クラブのみなさんから「昔あそびを教えてもらう」授業を3年前から実施しています。今日は昔遊びの企画書の確認や、実施日時の調整、会員への取りまとめのお願い等をさせていただきました。3回目ということもあり、スムーズに打合せを進めることができました。

老人クラブとの打合せ終了後は、市役所にて「地域包括支援ネットワーク会議事務局会議」に参加しました。

事務局会議は、地域包括支援センター(北部・中部・南部)の社会福祉士の職員、高齢者生きがい課職員、社協職員が集まり、9月の地域包括支援ネットワーク会議の進め方について話し合いを行いました。写真は北部包括支援センターのYさんが、江南市地域包括支援センターのイメージキャラクター「五郎じいさん」の活用方法に合わせてイラストデザインをしている様子です。さらさらとイラストが描けるなんて、うらやましいです。

会議は決められた時間の中で、意見を出し合ったり、決定したりしないといけないのですが、話し合いの姿勢、会議の進め方、会議の意見の出し方等、上手くいったと思う時もあれば、反省しなくてはいけないことも多々あるわけで…。

さまざまな事業を形にしていく中で、何のために会議を行うのか、今日1日を振り返って「学び」と「反省」が多くあった1日でした。明日も前を向いて頑張ろうと思います。(M.I)