1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 福祉機器の紹介シリーズ① ~「磁気誘導ループ」~

BLOG

ブログ

未分類

福祉機器の紹介シリーズ① ~「磁気誘導ループ」~

9月6日(木)、今日は福祉機器の紹介シリーズ第1弾として、「磁気誘導ループ」について紹介します。要約筆記サークル藤がこの機器を持っており、使い方を教えていただきました。

「磁気誘導ループ」は、聴覚障がい者用の補聴器を補助する福祉機器です。

この磁気誘導ループは携帯型(移動式)です。磁気を発生させるアンプから、磁器を発生させるワイヤーにつないで、磁界を作ります。

マイクから磁気発生アンプにつなぎ、アンプからワイヤーをつないだ磁界の中で、受信機である補聴器にクリアな音声情報を届けます。実際に受信機を持って試してみましたが、本当にクリアな音声が聞こえました。もちろん磁界の外(ワイヤーから外)に出たら、全く聞こえませんでした。

これからは磁気誘導ループも聴覚障がい者に限らず、高齢者の方にも必要な福祉機器ですね。

 

今日の午後は、ふじの木園へ行き、定例のボッチャを一緒に行いました。

最近は軽く練習して、すぐにゲームを行っていたため、投球練習を重点的に行いました。

コート上に新聞や広告チラシを置いて、利用者の方々に「単に投げる」だけでなく「目標も持って投げる」を意識して行う練習です。

ふじの木園は12月に行われる大会に初参加する予定です。ジャックボール(的玉)がどこに行くかによって、持ち球をコントロールできないと負けてしまいますから、練習あるのみです。

しかし、ボッチャは楽しくできるスポーツなので、その良さを忘れないようにしたいと思います。(M.I)