1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 門弟山小学校5年生とジョイフル江南との交流を行いました

BLOG

ブログ

未分類

門弟山小学校5年生とジョイフル江南との交流を行いました

9月12日(水)、今日は門弟山小学校でジョイフル江南(特別養護老人ホーム・グループホーム)の方々との交流会が行われました。

交流会を実施する前に、社会福祉法人サンライフで相談員の仕事をされている方々より、「お年寄りになるとどうなるの?」をテーマに授業を行いました。

職員の方々はお話をしたり、子ども達に質問をしたりしながら、「元気なお年寄り」から「介護・認知症のお年寄り」までのイメージをわかりやすく伝えていただきました。

授業が終わって、ジョイフル江南の利用者の方々との交流を行いました。子ども達と給食を一緒に食べ、たくさんお話をしました。子ども達からの質問に「昔は給食なんてなかったのよ」「私はミシンの仕事をしてたのよ」「昔より今の方が全然いいわね」等々、教えていただきました。

余談ですが、私も給食を一緒に食べることができました。パンに肉団子、焼きそば、フルーツポンチ、そして牛乳。子どもの時は当たり前のように食べていた給食が、貴重な機会ということもあり、幸せいっぱい、お腹いっぱい食べました(おかわりもできました 笑)

給食を一緒に食べた後は、貼り絵を一緒に行いました。江南市美術展に出展する5年生の作品づくりです。今日だけでなく、施設でも貼り絵のパネルをお渡しし、今日は来れなかった利用者の方が作品づくりに協力します。そして10月の終わりに作品の完成披露会を行い、ジョイフル江南の方々と再度交流会を行う予定です。

最後に子ども達から今日の感謝の気持ちを込めて運動会の「招待状」をお渡しして交流会が終了しました。

子ども達は、利用者の方々が施設の車に乗ってお見送りまでしていただき、利用者の方々から「ありがとう、ありがとう」と言葉をいただきました。

今日は交流会を通じて、多くの笑顔を見ることができました。今日の出会いから、もっともっと子ども達も笑顔になれると良いなと思った1日でした(M.I)