1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 老人福祉センターで防火・避難訓練を行いました

BLOG

ブログ

未分類

老人福祉センターで防火・避難訓練を行いました

10月24日(水)の午前、老人福祉センターで防火・避難訓練を行いました。

江南市消防本部の職員3名にお越しいただき、訓練マニュアルに沿って、江南市社協職員が各班の役割に基づき訓練を行いました。

1階ロビーの給湯室から火災が発生したという設定で、火災の発見、消防署への通報、避難誘導班による老人福祉センター利用者の避難誘導、消火班による模擬消火活動等を行いました。

消火器による初期消火ができなかったという設定で、消火ホースによる消火を試みるという状況です。訓練時にしか操作する機会がないので、訓練は大事ですね。

避難誘導訓練には、大広間を利用していた民踊クラブのみなさんや老人福祉センターの一般利用の方々にもご協力いただきました。ありがとうございました。

避難訓練後は、消防本部の職員の指導のもと、消火器による消火訓練を行いました。社協職員と老人福祉センター利用者が参加しました。

最後に2階から避難できずに取り残されたという設定で、ヘルパー室から梯子(はしご)を降ろして下りる訓練を行いました。

この梯子から下りる訓練は、私も実際に行ったことがあるのですが、かなり恐いです(笑)。しかし、本当に火災が発生した時はそんなことは言っていられない状況ですので、訓練は本当に大事ですね。

老人福祉センターは年2回の訓練が義務付けられていますが、もしもの場合を想定した場合、訓練の経験が活かされるように対応しなければいけません。しかし、本当は火災が起きないようにするのが一番ですね。(M.I)