1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 高齢者ふれあい食事会を開催しました

BLOG

ブログ

未分類

高齢者ふれあい食事会を開催しました

11月16日(金)、老人福祉センターで高齢者ふれあい食事会を開催しました。

昨日のブログで紹介した内容と重なりますが、今日の食事会は古知野第一地区民生児童委員協議会(担当エリア:古知野区・赤童子西区、赤童子東区、北野区、尾崎区、飛高区)のみなさまにご協力をいただき、民生委員さんと関わりのある一人暮らし高齢者の方々を招待しました。

今日の参加者は126名で、多くの方々にご参加いただきました。写真で今日の内容を追いながら報告したいと思います。

朝早くから民生委員、主任児童委員の方々にご協力をいただき、土産の荷造りから始まりました。食事会のために作成したエプロンを着て、作業を手早く進めていただきました。

一段落したところで、古知野第一地区民協の会長よりご挨拶をしていただき、その後に事務局より確認事項をお話しをさせていただきました。

役割分担もできており、コミュニケーションを取りながら、参加者の受け入れ準備もバッチリです。

参加者の方が来場いただいたときも、笑顔で迎えていただき、会話も弾んでいました。

参加者が揃ったところで、社協の会長よりご挨拶をさせていただき、食事会が始まりました。

今日は126名の参加者でした。美味しい食事をいただきながら、参加者同士の会話も弾んでおりました。

今日の食事会でご用意させていただいた食事です。参加者のみなさんからもご好評をいただくことができました。

今日の食事会のために、古知野中保育園児28名が来てくれました。舞台上で大きな声で歌を歌ってくれたり、一緒に体を動かしてもらったり、参加者のみなさんは園児を優しい表情で見ていました。

園児が作成した手作りプレゼントを、園児より参加者全員に手渡しをしてくれました。参加者のみなさんは園児と直接交流ができ、喜んでいました。

次に、地域包括支援センターの職員にお越しいただき、活動紹介と認知症予防や介護予防のお話をしていただきました。

実際に「むすんでひらいて」の歌に合わせて手拍子をする頭の体操を行いました。進行の地域包括職員がちょっとしたハプニングをお越したり、お手本を見せるつもりができなかったり、参加者のみなさんは大笑い。しかし、とても和やかな雰囲気で盛り上がりました。

次の余興として、歌の披露を行いました。歌手は民生委員さんとその妹さんで、2人で「こまどり夫婦」を披露しました。手作り三味線がなかなかの味を出していました。

次に、日本舞踊の披露を行いました。日本舞踊の振り付けは、歌を披露していただいた民生委員さんが考えたということで、これもまた素晴らしい日本舞踊でした。

日本舞踊を披露したいただいた方に、歌を披露していただきました。曲目は「さざんかの宿」で素晴らしい歌声で拍手喝采でした。

余興の最後として、「365歩のマーチ」を参加者全員で合唱しました。参加者にマイクを渡しながら歌っていただき、こちらも盛り上がりました。

最後に、古知野第一地区民協の方々より挨拶をいたしました。今年で10年目ですが、10回全てに参加している参加者もいることがわかり、改めて食事会の必要性を確認することができました。参加者の方々も、「今日は本当に楽しかった。ありがとう」といった声も多く聞くことができました。

食事会が終わり、片づけも一段落したところで、民生委員さんのみなさんと食事をしました。午後2時を過ぎていましたので、お腹もぺこぺこでした。

最後に民生委員さんの集合写真を撮影させていただきました。民生委員のみなさんは、土産の荷造りから、受付、お茶出し、配膳、写真撮影、片づけまで、ご協力をしていただきました。

民生委員さんは食事会で終わりではなく、地域に戻ってからも参加者に今日の記念のメッセージカードを渡したり、欠席された方にお土産を配ったりといった訪問活動をされるとのことで、日頃からのつながりが大事だと改めて感じました。

本当にご協力ありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

食事会の片付けも終わって、すぐに第2ジョイフル江南へ出かけました。

地域包括支援ネットワーク会議の事務局会議に参加しました。

11月2日に行った「認知症徘徊者捜索訓練」も一段落し、これからのネットワーク会議の進め方について話し合いを行いました。

ネットワーク会議の成果として、認知症の方とその家族が安心して暮らせるまちづくりを重点目標として、認知症家族会の設立や、認知症サポーター養成講座を広く行っていくために講師役の認知症キャラバンメイトの組織化をしてきたこと、徘徊訓練を実施してきたことを確認しました。

またこれから取り組んでいかなければいけないことを、今後のネットワーク会議で話し合っていくことを確認できました。

今日は心身ともにハードな1日でしたが、心地よい疲れでもありました。また明日から仕事を頑張っていきたいと思います。(M.I)