1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 古知野東小学校で認知症サポーター養成講座を行いました

BLOG

ブログ

未分類

古知野東小学校で認知症サポーター養成講座を行いました

11月22日(木)の午前、古知野東小学校の4年生が「認知症サポーター養成講座」を行いました。

一般市民の方を対象に認知症サポーター養成講座を開催していますが、小学校で開催するのは市内で2校目でした。

小学生向けということで、日頃行っている内容を変えて、子ども達でも理解できるような講座を行いました。

今日のキャラバンメイトは私も含め5名でお邪魔しました。4年生は4クラスということもあり多くの子ども達がいました。

今日も江南北部地域包括支援センター職員のYさんを中心に行いました。子ども達とのやり取りもバッチリでした。

一通り認知症の特徴を説明した後、対応方法を子ども達に考えてもらうために、4つのお題を基に劇を行いました。子どもたちにも家族役として参加してもらいました。

劇は悪い対応方法を演じてから、Yさんが正しい対応方法を解説して、再び劇を見てもらって理解する流れでした。この劇は「朝ごはん」を食べてない(忘れてしまう)設定で行いました。

この劇は「洗濯」をテーマに劇を行いました。

この劇は「料理」をテーマにした内容でした。激辛カレーを作ってしまったという設定でした。

最後に「買い物」をテーマに小銭があるのに1万円札を出してしまう劇をしたのですが、私も店員役で参加したので写真はありません…。

子ども達は劇を通じて、特徴や対応方法を理解してくれたのではないかと思います。

ちびまるこちゃんが認知症のことをCMで行っているので、知っている子どもも多かったのが印象的でした。また、子ども達は家族役を演じてくれたのですが、感情が入っていて私を含めたキャラバンメイトの方がびっくりしました。学習発表会で4年生は劇を行い、素晴らしい発表ができたからとお聞きし、みなさん納得することができました。

また市内の小・中学校で認知症サポーター講座が広がってくれたらと思います。(M.I)