1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 門弟山小学校の授業参観に参加しました

BLOG

ブログ

未分類

門弟山小学校の授業参観に参加しました

2月8日(金)の午前、門弟山小学校の授業参観があり、1年生の「昔あそび」と5年生の「福祉学習のまとめ発表会」に参加しました。

授業参観ということで、多くの保護者の方々が、子どもたちの取り組みを見ていただきました。

1年生の昔あそびは、門弟山校区内の老人クラブ(飛高第一白寿会、飛高第二白寿会、花霞むつみ会、前飛保東老人クラブ)の方々25名にお越しいただき、6つの昔遊びを子ども達に指導しながら一緒に遊びました。

お手玉は片手でやれる老人クラブ方もいて、とてもお上手でした。子ども達も一緒に楽しくできました。

おはじきの様子です。遊び方を教えていただきながら、おはじきを取っていました。

けん玉の様子です。子ども達の上達は早く、けん玉を乗せることができました。

めんこの様子です。老人クラブの方から、姿勢、投げ方を教えていただき、たくさん遊ぶことができました。

あやとりの様子です。子どもたちはあやとりの基本から教えてもらいながら「三段はしご」等ができるようになりました。

コマ回しの様子です。老人クラブの方も苦労する昔ながらのむずかしいコマでしたが、子どもたちはあっという間にできるようになっていました。

昔あそびを教えていただいたお礼に、子ども達はダンスを披露してくれました。とても明るくのびのびと楽しんで踊ってくれました。

 

5年生は1年間、総合的な学習の時間で「福祉」をテーマに学んできました。ユニバーサルデザイン、視覚障がいの方のバイオリン演奏会、親子手話教室、ジョイフル江南の高齢者との交流・市美展作品づくり、車いすバスケ教室と多くの体験学習を行ってきました。

今日はその学習のまとめと、子どもたちが考えた「福祉の形」を発表しました。

障がいがあっても、買い物を楽しくするためにはという発表や、クイズ形式で発表したりしていました。

江南市社協としても1年間、5年生の福祉学習をサポートしてきたので、子どもたちの発表を全部聞きたかったのですが、できなくて残念でした。

今日で子どもたちの学びは終わりではなく、これからも学び続けてほしいなと思います。(M.I)