1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 子ども福祉塾(2月分)を開催しました

BLOG

ブログ

未分類

子ども福祉塾(2月分)を開催しました

2月17日(日)の午前、老人福祉センターにて、子ども福祉塾(2月分)を開催しました。

2月の子ども福祉塾は、高齢者疑似体験インストラクターグループさくら会の協力により、高齢者疑似体験を行いました。内容は装具をつけて、名鉄バスに乗り、江南団地の集会所へ行き、自動販売機でジュースを買う体験を行いました。

今日の子ども福祉塾にご協力いただいた、さくら会のみなさんです。

さくら会より、今日の内容についての説明後、高齢者疑似体験の装具を付けました。身体の動きに制限があったり、ゴーグルで視野が見にくくなりました。

子ども達はペアになって、バス亭まで歩きました。介助する側も転ばないように気をつけていました。

バスが到着して、乗ろうとしても段差があったりして大変さを学びました。

江南団地内の自動販売機でジュースを買う体験を行いましたが、表示が見えにくいのと、高いところのボタンを押すのが大変そうでした。高齢者の方の気持ちが理解できました。

集会所で休憩し、ペアで介助していた子どもが装具をつけて帰り道で同じ体験を行いました。

バスが車での時間に、時刻表を見てもらいましたが、見えない、見にくいという声を聞くことができました。

今日は高齢者になって生活体験を行いましたが、子ども達は高齢者の状況を理解したり、介助することで、高齢者にとって住みやすいまちは何かを考えることができました。

事前打ち合わせから、準備、当日の進行を含め、さくら会のみなさんには本当に感謝しています。子どもたちの学びがたくさんあったのも、さくら会のおかげです。本当にありがとうございました。(M.I)