1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ボランティア相談員会議を行いました

BLOG

ブログ

未分類

ボランティア相談員会議を行いました

4月11日(木)の午前、老人福祉センターにて、ボランティア相談員会議を行いました。

江南市社協では、毎週土曜日と第2・4月曜日の13:30~15:30とボランティア相談を行っていますが、ボランティア相談員は実際にボランティア活動されている5名の方に担っていただいており、毎月1回集まって会議を行っています。

今日は25年度の初回ということで、今年度のボランティア相談体制について確認しました。また事務局からは現状に合わせたボランティア相談体制について検討し変更していくことをお伝えしました。

前回の会議から今日までの間の相談ケースの報告がありましたが、相談内容の共有や対応方法について意見交換を行いました。

今日の会議でも相談員の方々から差し入れを頂戴しました。京都土産の八つ橋もアーモンドチーズのせんべいも美味しくいただきました。

 

午後からは、フラワーコート江南へお邪魔し、「江南市認知症キャラバンメイト定例会」の準備を行いました。

認知症キャラバンメイトとは、認知症のことを広理解いただくために「認知症サポーター養成講座」を行っているのですが、養成講座の講師役のことです。

キャラバンメイトの定例会は2か月に1回開催していますが、今日は定例会の資料準備を事務局である地域包括支援センター職員の方と一緒に行いました。

昨年度、キャラバンメイト定例会で取り組んできた成果物をファイルにまとめて、キャラバンメイトの方に渡して活用してもらおうと、準備作業をしました。久しぶりに登場のYさん、お疲れさまでした。

 

フラワーコート江南から社協へ帰る途中、新年度になったこともあり、あいさつも兼ねて「ふじの木園」にお邪魔しました。

ふじの木園の方々は、いつもお忙しい中、丁寧に対応していただき感謝です。しかし職員の方に、「私の名前わかりますか?」と聞かれ、職員の名前が出てこない自分に絶句…。本当に申し訳なかったです。これからはすぐに「△△さんです」と答えますから…。

 

夕方には、門弟山小学校で5年生担任の先生と総合的な学習の時間での「福祉」について、再度打ち合わせを行いました。年間計画の組み立てや方針が大筋決まって、先生も私たちも整理ができ、すっきりしました。あとは実践あるのみですね。

今日はあっという間に、そしてドタバタと時間が過ぎてしまいましたが、多くの方々とお話する機会があって、充実した1日になりました。社協の業務として大事なのは「つながり」をどう作っていくかだと思います。(M.I)