1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 点訳講習会が始まりました

BLOG

ブログ

未分類

点訳講習会が始まりました

5月15日(水)の午後、老人福祉センターで「点訳講習会」が始まりました。

点訳講習会は、主催は江南市社協ですが、実質的にはボランティアグループたまづさ会が企画・運営を行っています。

点訳とは、視覚障がい者の方の情報保障として文字を点字にすることです。点字によって凸面ができた部分を、読み手である視覚障がい者が指で触りながら読んでいきます。

今日は初回と言うことで、点字の基本について学んでいただきました。

参加者は実習生を含め7名の参加がありました。最初に局長よりあいさつをさせていただきました。

たまづさ会の代表より、点訳講習会についてオリエンテーションがありました。全5回の講習会ですが、全ての回に参加していただきたいと思います。

たまづさ会の会員が講師となって講習会が始まりました。テキストや点字版を使いながら基本を学んでいました。

 

夕方に社会福祉士実習の実習指導と言うことで、日本福祉大学の先生が来所されました。

実習が始まって3日間ということもありますが、社協としての実習プログラムが弱いところもあり、良い指導ができなくて申し訳ないのですが、学生は積極的に実習に取り組んでいます。

学生の意向を聞きながら、実習プログラムをより良いものになるよう修正していきたいと思います。(M.I)