1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 布袋北小学校で「第1回ふくし交流会」を行いました

BLOG

ブログ

未分類

布袋北小学校で「第1回ふくし交流会」を行いました

6月19日(水)の午前、布袋北小学校5年生の総合的な学習の時間で「第1回ふくし交流会」を行いました。

昨年度から布袋北小学校の5年生では、総合の時間で1年間を通して障がいのある方と「ふくし交流会」の授業を行うようになりました。

今日は第1回ということで、1年間講師として交流する方との「出会い編」でした。といっても講師の自己紹介を子ども達に聞いてもらって「どんな人なのかな」を知る授業を行いました。

「障がい」だけを見るのではなく、講師の「人」として出会ってもらうことが目的でした。

視覚障がいの方は昨年度もふくし交流会の講師としてご協力いただきました。お仕事の話や趣味の話、目が見えないことは自分の特徴のひとつということを子ども達にお話いただきました。

くるみの里の利用者の方と職員の方にお越ししただきました。利用者のKさんは「嵐」がとっても大好きな方で、子ども達と嵐の話題で気分も乗ってきて歌ったり踊ったり、ジャンプするほど楽しく過ごすことができました。

今日からが、ふくし交流会のスタートです。これから講師の方と子ども達がどのように交流していくか、とっても楽しみです。(M.I)