1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 赤い羽根共同募金プレゼンテーション審査会を行いました

BLOG

ブログ

未分類

赤い羽根共同募金プレゼンテーション審査会を行いました

7月27日(土)の午後、老人福祉センターで「赤い羽根共同募金プレゼンテーション助成審査会」を行いました。

江南市社協では赤い羽根共同募金を財源に、「公募制地域活動支援事業」を実施しています。、内容は地域で活動されている団体の事業を助成し応援するものです。今日は助成金申請をされた団体のみなさんにプレゼンテーション審査会に参加していただき、順位によって助成額を決定しました。

また赤い羽根共同募金に協力してくれている子ども達も「子ども審査員」として参加していただきました。

門弟山小学校と布袋北小学校の5年生14名子ども審査員としての説明をしました。ボランティア缶バッジをつけて参加してくれました。

主催者の江南市社協事務局長のあいさつ、そして特別審査員としてお越しいただいた愛知県共同募金会の職員よりごあいさついただきました。

審査会の前に全員に自己紹介をしていただきました。子ども審査員も緊張気味に自己紹介してくれました。

今日の審査会に参加いただいたのは5団体で、①ゆっくり育つ子ども達のサークル「スマイリー」、②江南サマージャズフェスティバル実行委員会、③まちづくり江南市民会議、④NPO法人のいちご児童発達支援のうさぎ、⑤飛高親の会でした。

プレゼンテーションは5分、質問時間は5分、合計10分間の審査時間でした。

審査後に点数を記入したシートを投票箱に入れていただき、集計を行いました。

集計後に特別審査員より講評をいただき、審査結果を全て公開し、助成額も決定しました。

今日は子ども審査員が多く、盛り上がった審査会でした。

赤い羽根共同募金は市民のみなさまからいただいた募金が福祉のまちづくりのために使われています。募金がどのように配分されているかは、江南市社協ホームページのトップ画面「赤い羽根はねっと」をクリックいただければ情報が見れます。(M.I)