1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 藤ヶ丘児童館で「ふくしってな~に?」のお話をしました

BLOG

ブログ

未分類

藤ヶ丘児童館で「ふくしってな~に?」のお話をしました

8月21日(水)の午後、藤ヶ丘児童館から依頼があり、遊びに来ている子ども達向けに「ふくしってな~に?」のお話とワークショップを行いました。

藤ヶ丘児童館は夏休み期間中、いくつかの催しがあり、今日は社協がお邪魔しました。

藤ヶ丘児童館に遊びに来ていた小学校1~6年生20名弱の子ども達が参加してくれました。自己紹介で子ども達に「みっちー」と呼んでもらうことにしました(笑)。

「ふくし」とは「ふだんの くらしの しあわせ」という言葉と意味を伝えて、その後に「ユニバーサルデザイン学習セット」を使って、全ての人が使いやすいように作られた道具を実際に触ったりして、工夫を考えてもらいました。

児童館の先生達も一緒に参加していただき、力が弱くても使いやすいホチキスを実際に体験してくれました。

普段は学校の授業で行いますが、アットホームな雰囲気で元気いっぱいの子ども達に質問攻めにあったり、私が圧倒されてしまいました。

お話が終わった後は、子ども達と一緒に遊びました。元気、元気、元気で遊び終わった後は、自分がへとへとになってしまいました(笑)。

最後に仲よくなった子どもが自分の似顔絵を描いてくれました。右目しか黒くないのは左目はウィンクしてるのだそうです。

子ども達は本当に元気だなと思いつつ、児童館の先生方も毎日子ども達のパワーにお付き合いしてすごいなと思った1日でした。(M.I)