1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 認知症サポーター養成講座の打ち合わせを行いました

BLOG

ブログ

未分類

認知症サポーター養成講座の打ち合わせを行いました

5月30日(水)の午前、南部地域包括支援センターにて「認知症サポーター養成講座」の打ち合わせを行いました。

ふれあい・いきいきサロンの「山王サロン」より、認知症サポーター養成講座の依頼があり、来週の6月6日(水)に山王集会所で開催することになりました。

認知症サポーター養成講座は、認知症の正しい理解や地域での応援団になっていただくことを目的に開催しています。

今日は、当日に向けた講師役(認知症キャラバンメイト)同士の事前打ち合わせを行いました。

実習生も真剣にメモを取っていますね。打ち合わせの進行はブログ写真で登場回数が1番多いYさんです。

基本的には講座の内容が決まっていて、誰がどのパートを担当するのか、当日に準備していく持参するもの等の確認を行いました。

話し合いの途中では参加者同士で意見を出し合ったり、情報交換をしたりと貴重な場となりました。

 

午後は、「点訳講習会」の3回目が開催されました。

本日もたまづさ会の方が講師となり、点訳のルールを教えていました。今日の内容はアルファベットの点訳の仕方が中心でした。

点訳は文字を点字にするだけではなくて、細かいルールがたくさんあります。そのルールを覚えて点訳しないと、読み手である視覚障がい者の方々に、情報が行き届きません。

機会がありましたら、点訳ボランティア「たまづさ会」の方々から解説をいただこうと思っています。

実習生も参加しました。頭の中がフル回転中ですね。

実習生と今日の実習のまとめとして、なぜ点訳活動をボランティアが担っているのかということを話し合いをしました。

また来週も点訳講習会に参加します。実習生は点訳の奥深さにどこまで気づくことができるのか・・・楽しみですね。(M.I)