1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. ふれあいサロンなごやかで認知症サポーター講座をしました

BLOG

ブログ

未分類

ふれあいサロンなごやかで認知症サポーター講座をしました

6月6日(水)の午前、「ふれあいサロンなごやか」で認知症サポーター養成講座を行いました。

ふれあいサロンなごやかは山王地区で行われているふれあい・いきいきサロンのことで、地域の居場所づくり、地域住民との交流活動が行われています。

今日はふれあいサロンなごやかより、「認知症サポーター養成講座」の依頼があり、認知症キャラバンメイト(講座の講師役)として、認知症について正しく理解していただくためのお話等をさせていただきました。

 

ふれあいサロンなごやかが行われている山王集会場です。とってもきれいで地元住民の方々によって運営されています。

山王集会場の入口に看板がありました。とても入りやすい雰囲気でした。

ふれあいサロンなごやかの今までの活動写真も飾ってありました。逆光で見えにくいですが、みなさん笑顔でした。

 

さて、「認知症サポーター養成講座」の本番です。今日は江南北部地域包括支援センターのYさんと江南南部地域包括支援センターのSさん、ボランティアのキャラバンメイトのSさん、社協職員のIが行いました。

 

私もキャラバンメイトとして、認知症のクイズを担当しました。

問題を出して、認知症なら○、老化なら×の札をあげてもらいました。8つ問題を出しましたが、1問出してみたいと思います。「真冬でも、オーバー(上着)を着ずに外出する。」認知症なら○、老化なら×、正解は・・・

 

○の認知症でした。季節自体がわからなくなる見当識障害や認知症になると暑い、寒いの感覚も鈍くなることもあります。

 

YさんもSさんもわかりやすいお話で、参加者の方々にもつかみはOKでした。

 

Sさんは介護する家族の心理や認知症を予防するためのお話をしていただきました。

参加者のみなさんと、4文字しりとりで作詞した歌をうたったり、簡単な体操を行いました。

最後に電子紙芝居を見て、認知症サポーター講座を受けた証の「オレンジリング」をお渡しして終了しました。

 

講座が終わった後もお邪魔させていただいて、ふれあいサロンなごやかでは6月生まれの誕生日会が行われていました。

参加者もスタッフも一緒になってプレゼントやハッピーバースデーを歌ってお祝いをしました。

スタッフよりプレゼントもらって、コメントをいただいている様子です。90歳になられた方もいてビックリでした。

最後に、キャラバンメイトとふれあいサロンなごやかのスタッフの記念写真を撮りました。

今日のキャラバンメイトのみなさんと実習生です。今日の講座は何点だったでしょうか?講師の大役も終わり、表情もいきいきとしていますね。

ふれあいサロンなごやかのスタッフのみなさんです。とても明るくて、気遣いがあって、山王地区が大好きな方々でした。ありがとうございました。(コーヒーとお菓子をごちそうになり、ありがとうございました)

今日は「ふれあいサロンなごやか」に訪問して、多くの方々の笑顔を見ることができました。

地域でのつながりが必要とされている中で、サロンの活動は地域がいきいきしている場所と改めて思いました。これもスタッフの方々の準備やサロンに関わる全ての人の「地域愛」があってこそなのですね。

またこれからも、ふれあい・いきいきサロンの活動を社協としても盛り上げていきたいと思います。(M.I)