1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 災害時要援護者リストマップ委員会に参加しました

BLOG

ブログ

未分類

災害時要援護者リストマップ委員会に参加しました

6月25日(月)の午後、老人福祉センターで行われた、第3回災害時要援護者リストマップ委員会に参加しました。

この会議は、6月7日の社協ブログにおいても掲載していますが、江南市民生児童委員協議会(江南市民協)が行っている、災害時要援護者リスト・マップ作成事業を進めていくために、各地区の民協(古知野第一地区民協、古知野第二地区民協、布袋地区民協、宮田地区民協、草井地区民協、藤ヶ丘地区民協)の委員が参加しています。

今日は事務局を含め、12名の参加がありました。

会議は、委員長の民生委員さんが進行と取りまとめを行っています。配布資料をパソコン画面とリンクさせて、出された意見をその場で加除し、スクリーンに映して確認します。意見が目に見える形でわかることと、記録作成がスムーズになり、素晴らしいなと思いました。

前回の会議から参加して思うことは、民生委員さんの活動の幅の広さと、情報量の多さ、そして民生委員さんごとに関わっている方々や、地域によって、違いが多々あることがわかってきました。

マップをどう作るかということも大事ですが、ケースバイケースに合わせたマップづくりを進めていかないといけません。しかし、基準と弾力性とのバランスを取りながら進めていくことが、本当に難しいですね。

改めて、意見を共有するための話し合いの場は大切だと気づかされます。本当にお疲れ様でした。(M.I)