1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 大府市の常設サロンの視察に行きました

BLOG

ブログ

未分類

大府市の常設サロンの視察に行きました

7月2日(月)、大府市の常設サロンの視察に行きました。

現在、江南市社協では「憩いの場づくりプロジェクト」として、地域での居場所づくりについて検討しています。

とある日に、大府市の社協だよりを読んでいると「常設サロン」を行っている記事があり、大府市社協を通じて視察をお願いし、今日は特別養護老人ホームジョイフル江南施設長KさんとボランティアコーディネーターKさんと社協職員2名の、計4名で大府市にお邪魔しました。

最初に訪問したのは、「とまり木」という常設サロンでした。とまり木は高齢者施設のデイパーク大府が管理している建物を、NPO法人はっぴいわん大府が月~金曜日の10時~4時に常設サロンを運営しているところでした。

とまり木では、NPO法人はっぴいわん大府の代表者の久保田さんと大府市社協職員2名にお話を伺いました。

NPO法人はっぴいわん大府の代表者の久保田さんです。とても明るくて、前向きで、パワフルと言っては失礼ですが、とっても素敵な方でした。

とまり木で実際の雰囲気を感じながら、設立までの経緯や、現状等、お話を伺うことができました。

とまり木では食事も出されているとのことで、550円でとても美味しいランチを食することができました。550円で愛情たっぷり、おふくろの味、さらにはコーヒーもついてこの値段にびっくりです。

場所を変えて、デイパーク大府の施設長さんと副施設長さんより、施設の立場で常設サロン「とまり木」に対する考えや関わり方のお話を伺いました。

とまり木の視察が終わった後に他の地区で行わっている常設サロン「ふれあいの居場所みどり」を視察しました。

「ふれあいの居場所みどり」のスタッフも素敵な方々でした。エプロンがとてもお似合いですね。

ことちらでも食事を提供しているとのことで、健康食にこだわりがあり、薬草茶、五平餅、パンを美味しくいただきました。

自治会の公民館で行われているのですが、雰囲気がとても良く、風も気持ち良かったですね。

最後に社会福祉法人ネットワークみやびにお邪魔しました。ここは施設の1階を常設サロンとして行われているとのことでした。今日は住民の方々がいませんでしたが、施設の喫茶で理事長よりお話を伺うことができました。

施設の前で記念写真を撮りました。大府市社協の方々には、1日使って、視察対応をしていただき、感謝、感謝です。本当にありがとうございました。

今日の視察を通じて、常設サロンとしての地域の憩いの場のあり方を学ぶことができました。

人づくり、仕組みづくり、財源確保、住民意識等、大府市が積み重ねてきたものが形になっていることが学びとしてありました。

今後、江南市として、憩いの場をどのように構築していくのか、今日の視察を活かして考えていきたいと思います。(M.I)