1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. こころの居場所「ハートフレンズ」に行って癒されました

BLOG

ブログ

未分類

こころの居場所「ハートフレンズ」に行って癒されました

7月6日(金)の午後、愛栄通商店街にある愛栄ふれあいプラザで行われている、こころの居場所「ハートフレンズ」へ行ってきました。

ハートフレンズは心が疲れているな、ホッとしたいなという方は誰でも参加できます。毎週金曜日の正午から3時まで行っていて、特に決まったプログラムはなく、お話したり、自分のペースで過ごすことができます。

今日は天候が雨だったのか、いつもはスタッフを含めて20名を超える参加があるのですが、若干少なかったですね。

しかし、各々お茶を飲んだり、お菓子を食べたりして、いつものハートフレンズの雰囲気でした。

私自身も職場ではバタバタと時間が過ぎていきますが、ハートフレンズでの時間はゆっくり過ぎていき、お話をする中で癒されますね。男4人でどうやったら体重を減らすことができるのか、盛り上がりました(笑)。

最後はハートフレンズのマスコットの「ラブちゃん」を抱っこしながら、一言ずつ近況報告をしました。

来週の金曜日もハートフレンズは愛栄ふれあいプラザで行っているので、ぜひ遊びに来てくださいね。

 

ちょっと余談ネタをひとつ。

夜間に老人福祉センターで、県内の社協職員が集まり、自主勉強会が行われました。後輩職員Hと近隣社協の若手職員が集まって、自分達で勉強会をやろうということになり、今日はその第1回目でした。

若手職員の同世代が自分達の意思で集まって勉強会をするということは、とても素晴らしいことだと思います。

ということで、私はその勉強会の様子を、こそ~っと取材してみました。

参加人数は13名、名簿を見ると高浜市や幸田町からの参加も…、遠路はるばる江南市まで、みなさんの気持ちはすごいですね。

真面目な表情で真剣に何かを考え、ポストイット(付箋)に書いてますね。

こちらのグループも真剣ですね…、勉強会だから当たり前ですよね(笑)

何をポストイットに書いているのかを調べたら、①各社協でやっている自信のあること、②今後やる必要があること、を書いていました。

 

ポストイットに書いたものを発表しながらB紙(模造紙)に貼っていますね。ポストイットは参加者の意見や情報が目に見えるので、ワークショップでは重宝されます。

ポストイットを見ながら、今度は意見交換や情報共有の時間ですね。「私のまちの社協の自信のあるところは…」、話が盛り上がってくると最終的には、

参加者全員、スタンディングトーク(立ち話)の態勢にになります(笑)。今日の勉強会は盛り上がっている証拠ですね。ポストイットを見出しをつけて集約しながら、グループとしての情報共有、考え方の整理をしていきます。

どちらのグループも真剣な議論をしていました。同じ社協でも、地域の実情や、行っている事業も異なるので、新しい発見や気づきがあります。

最後にグループごとで話し合った内容を発表しました。この発表(プレゼンテーション)することも、参加者で共有するだけでなく、伝えるスキルも身についていくのですね。

 

お邪魔になってはいけないと、実際は5分ぐらいの取材でしたが、みんないい表情をしていましたね。今日産まれたばかりの勉強会が、これからの社協を担う職員の「想い」を形にしていくひとつの方法になっていくと良いなぁと思いました。

勉強会終了後のことまでは、取材はしませんでしたが(笑)、懇親を通じてネットワークが広く、深まっていくといいですね。お疲れ様でした。(M.I)